読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもとわたしのにっき

2016年10月28日うまれの男の子と、わたしのこと

続く強い不安感

「あれ?うちの子ずっと寝てね?楽勝w」とか思っていた一か月前のわたしへひとこと。

 余裕ぶっこいてると後悔すっぞ…

 

新生児のころは一度授乳すると4~5時間は余裕で寝てた

2時間寝ることすらまれ、と産院で教えられていた私は「とにかく寝ている間にすべきことをせねば」と、書類仕事やら家事やらドラマ視聴(おい)やらをどん欲にこなした

今思えばあれも産後ハイの一種だったんだと思う

そんなこと放っておいてもっと息子に意識を集中して育児を楽しんでおくんだったと後悔している

新生児期の写真まじで少ない…

 

ところが、生後3週目あたりから1時間おきに泣くように

こうなったらもう育児楽しむどころじゃない

呼吸がとまるくらい泣き叫ぶ息子みてるとこっちまで泣けてくる

何が足りないのか、何をしすぎているのか、考えて調べてそれでも状況はかわらず

何が一番きついって、眠れないとか疲れるとかよりとにかく「私が間違うことで子供に不可逆的なダメージを負わせることが十分にありうる」という事実

これをずっと意識し続けるのまじつら…

世界中のお母さんがみんなこんな試練を耐えてきたのかと思うと、もうどこにも足を向けて眠れない。

不安とうまく付き合っていけるようにならないとだめだな